バラ苗生産農家-6月風景です/小さなバラ園byローズスタジオ

昨日(金曜日)は、定休日で、バラの勉強のために田主丸へお出かけです。
毎週のことですが!
今年の春は、雨が少なかったので、生産されている農家の人は、
雨が降ると、大喜びですよ。
特に、天気がよく、風が強いときは、水遣りが大変だそうです。

田主丸は、福岡県の中南部に位置し、北に筑後川、町の中心部を巨 瀬川が還流し、
南に耳納連山が連なり、麓に 広がる美しい田園風景の中
果樹栽培や庭木栽培が盛んな町なんです。

現在バラ生産農家の方々は、3月中旬より春に向けて、新苗や鉢苗の出荷で大変
忙しくやっと、一段落されておられるのでは?
その忙しい時期に、接木した苗を畑に植えられたり!
b0224889_7534634.jpg

b0224889_7552661.jpg

畑に仮植された接木苗を改めて広い間隔をとって、畑一面に植えられてます。
後5~6ヶ月でもりもり成長して、大苗として出荷されるんです。

接木用の台木のもに植え付けられてます、その忙しい最中に、
b0224889_825063.jpg

b0224889_8134587.jpg

畑に何も植えられてないように、見えますが
マッチ棒ほどの台木の苗がぎっしり植えられているんですよ!
葉っぱは、少しついているかなー、ほとんど無いようです。
種から成長した、小さな苗を掘り出されているときに、根を
を切ったりして傷めているので、苗を短くカットされてるそうです。
この台木の苗も、後、半年で、掘り出されて、接木に使用されるんです。

バラ生産農家の6月の情報でした。
[PR]
by rose-studio | 2012-06-09 08:26 | バラ